公務員になるための勉強法

独学かスクールかの選択

就職活動を行う時期になってくると、会社員を目指す人もいれば、公務員になりたいという人もいます。公務員のなり方としては、会社員と同じように、いくつかの試験を受けて合格する必要があります。ただし、会社員と違って、試験の内容が大きく変わります。試験のレベルにもよりますが、大卒程度の試験だと、専門的な教科を複数勉強しなくてはなりません。その試験に合格するために、受験者は独学で勉強する人もいれば、スクールに通う人もいます。

メリットとデメリット

独学とスクールのどちらを選択すべきかについては、かなり迷う人もいます。そこで、独学とスクールの特徴を知ることがまず前提として大切です。

独学では、文字の通り、自分の力だけで勉強する方法です。書店に行くと、公務員試験用のテキストや問題集が数多く並べられています。自分に合ったテキストを選べる他、自分のペースで学習を進められるのがメリットです。

一方でスクールでは、使うテキストは決まっている場合が多いですが、分からないことをいつでも聞けたり、面接の練習もしてくれるというメリットがあります。

本番を意識して計算する

独学でもスクールでも、どちらにもメリットはあります。最近は独学とスクールの中間に位置する、通信教育を利用する人も増えています。家庭での学習が中心ですが、必要に応じて、模擬試験の採点やアドバイスに応じてくれるサービスがあります。通信教育では、スクールのように毎回授業に出る時間の無い人に都合が良く、効率良く勉強することができます。

このように、学習方法は様々ですが、どの場合にも、本番に向けて準備を行っていくことが大事になります。

公務員の講座で詳しく学びたいと考えているなら、通信教育が最適です。自分のペースで学ぶことができますし、テキストや動画を使いますから分かりやすいです。