独学から専門学校通学まで幅広い学習方法のある行政書士

行政書士という資格をまずは理解

行政書士になるには、ある一定の勤務条件を満たした方以外は、年に一度の試験に合格するしかチャンスがありません。国家資格ということや合格率があまり高くないことを知って、難しいのではないかとすぐ諦めてしまうのは勿体ないです。試験科目にはどんなものがあり、合格点はどのくらいが目安かを知って、きちんと勉強すれば合格は難しくありません。試験に向けて、いつから毎日何時間勉強できるのか計画を立ててこなしていこうとすることがまず合格への第一歩です。

自分に合った勉強方法で学習

行政書士を目指す方は若い方から仕事をリタイアした方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃり、現時点での職業もお勤めの方、主婦業、自営業、学生と様々です。そんな受験者層に合わせて、対策方法も様々です。

お勤めの方等で、夜や休日に決まってまとまった時間が取れる方には、資格取得専門予備校での受講がオススメです。資格の取り方に関してはプロの集団なので、無駄なく知識の取得、模擬試験も受けることができます。金額はかかってしまうのがデメリットですが、合格には確実に近づきます。

独学でも十分に合格可能

ただ、決まったスケジュールで予備校に通えないお勤めの方や主婦の方等には予備校での受講は難しいです。通信講座を受講するのも予備校への通学とほぼ同じ待遇ですので、こちらもオススメです。また、自分自身をきちんとコントロールできる方には参考書を本屋で購入しての独学でも対応可能です。一日数時間ずつでも毎日勉強すれば、知識が薄れることはありません。メリットとしてはお金がかからず資格取得ができますので、学生の方等に向いている方法です。

以前の行政書士の試験では当日にお題が出題される小論文がありましたが、今ではありませんので作文が苦手な人でも受験しやすくなっています。