本当に危険なの?信用取引を支えるセーフティネット

信用取引は恐いって本当?

株を始めようと思って取引の内容や種類について調べると、必ず目にするのが「信用取引」です。簡単な説明を見てみると、信用取引とは証券会社から資金もしくは株そのものを借りて株取引の規模を拡大するものだということがわかります。株を投機的に運用しようと考えている人にとっては、信用取引は借金したお金でギャンブルするようなものだと捉えて、とても危険なものだと映ることが多いようです。確かに現物取引と比較すれば注意しておかなければならない点もありますが、それを押さえておけば借金でギャンブルするような危険性はありません。

信用取引はレバレッジが低く抑えられている

レバレッジとは梃子のことで、投資の世界では元金の数倍の取引を可能にする増幅効果のことを指します。倍数に応じて利益も倍化しますが、損失も倍化するため、信用取引はこのレバレッジでハイリスク・ハイリターン化していると言えます。これを操って確実に利益を出すためにはある程度の経験が必要で初心者には危険な取引かもしれませんが、それでも信用取引におけるレバレッジはFXなどと比較すれば低く抑えられているので無謀な取引になりにくくなっています。証券会社で設定されたレバレッジは違いますが、信用取引においては一般的に3倍前後に設定されています。

追証は信用取引を支えてくれるデッドライン

信用取引の注意点として、「追証」が発生する可能性が約款などに記載されています。追証は委託証拠金を損失が上回ってしまった時に不足分を直ちに入金するような状態のことを指しますが、信用取引の世界ではまさに忌むべき失敗として大変恐れられています。そもそも追証が発生するような無謀な取引をすることはありえないのですが、株取引に絶対は無いので追証が発生する確率はゼロではありません。しかし、追証は信用取引の損失が一般生活に直撃する前の警告であると捉えれば、そこまで忌避するようなものでないと感じるはずです。追証は信用取引を安全に支えてくれるデッドラインなのです。

信用取引は大きな利益が期待できる半面、失敗したときの損失も大きいです。そのようなリスクをしっかりと理解したうえで行う必要があります。